公募班 H29-30年度


A01  原子レベルで制御された触媒における反応と活性サイトのオペランド表面分光による研究
吉信淳


 

吉信 淳   
東京大学・物性研・教授

専門:表面科学(分光と物理化学)で、現在の研究対象はモデル金属触媒、有機薄膜FETの電子状態と電気伝導です。
一言:研究室は京都→ピッツバーグ→和光→六本木→柏と移動してきました。
URL:http://yoshinobu.issp.u-tokyo.ac.jp/index.html
A01  担持金属クラスターの3D構造制御と触媒作用の解明    

 

山添 誠司 
東京大学・理学系・助教

専門:触媒化学,クラスター科学,X線吸収分光学
一言:高分解能TEMや放射光分光によるクラスターの3D構造解析で貢献したいと思います.
URL:http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/users/chemreact/member/member_yamazoe.html

A01 負極反応の活性サイト制御による水素化物の全固体Liイオン電池への新展開



 

清水 亮太
東京工業大学・講師

専門:表面界面物性科学,薄膜型全固体Li電池や水素化物等の機能性薄膜合成
一言:プローブ顕微鏡観察から薄膜合成にわたって,原子・分子の視点に立脚した新奇物性・機能開拓を目指しています
URL:http://www.apc.titech.ac.jp/~thitosugi/members_shimizu.html

A01 X線ホログラフィーによる光学系II蛋白質の活性サイトMnクラスターの構造研究 

 

梅名 泰史       
岡山大学・異分野基礎科学研究所・准教授

専門:構造生物化学、蛋白質結晶構造解析
一言:蛍光X線ホログラフィーによる構造解析が金属蛋白質まで発展できるように貢献したいと思います。
URL:


A02  電荷と磁気モーメントのドープによる高次多極子秩序に拮抗する自由度の活性化 

 

岩佐 和晃
茨城大学・フロンティアセンター・教授

専門:中性子・X線散乱による強相関電子系の構造物性
一言:2016年4月に茨城大学に異動しました。本公募研究にて新たな量子ビーム利用研究を開始します。
URL:http://msp.fas.ibaraki.ac.jp/

A02  光電子回折法による反応活性サイトの実時間追跡 

 

峰本 紳一郎
東京大学・理学系・助教

専門:原子分子物理学・物理化学
一言:自由電子レーザーを使った時間分解分光法によって超高速現象の解明を目指しています。
URL:


A02  転移温度向上を目指したダイヤモンド超伝導体の三次元ドーパント構造解明  

 

横谷 尚睦
岡山大学・教授

専門:光電子固体物性
一言:光電子分光で機能性物質の電子状態を研究しています。
URL:http://film.rlss.okayama-u.ac.jp/


A03  活性サイト導入による層状物質の物性変調の第一原理解析

 

渡邉 聡
東京大学・工学系・教授

専門:計算材料物理、ナノ構造物性(特に電気伝導、イオン伝導)
一言:
URL:
http://www.material.t.u-tokyo.ac.jp/faculty/watanabe.html


A03 金属ナノ粒子触媒の接続界面における活性発現機構に対する大規模DFT計算 

 

中田 彩子
物質・材料研

専門:量子化学、大規模第一原理計算
一言:大規模モデルを用いた第一原理計算手法の開発、応用により、材料の構造・電子状態の解明を目指します。
URL:


A04  格子間活性サイトエンジニアリングの開拓と熱電発電材料・デバイス開発への応用展開 


 

宮崎 讓
東北大学・工学系・教授

専門:無機固体化学、非周期結晶学、新物質探索
一言:結晶構造解析により得られた知見に基づいて、新たな機能性材料の創製を目指しています。
URL:
http://www.apph.tohoku.ac.jp/ymiyazaki-lab/


A04  スピントロニクスデバイスを基盤とした局所原子配列と磁気機能の相関解明      


 

水口 将輝   
東北大学・金属材料研究所・准教授

専門:磁性材料、機能性材料、スピントロニクス、結晶工学、表面界面科学
一言:スピントロニクスデバイスを対象とした、様々な局所イメージングを行うことにより、デバイスの機能解明を目指します。
URL:
http://www.e-imr.imr.tohoku.ac.jp/spin.html
         http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/6a8de7280dd480d9173c93559bcd84ea.html


A04 新世代アルミニウム合金中の高強度化サイトの構造解析と原子空孔可視化の挑戦    


 

山本 篤史郎

宇都宮大学・学術院(工学研究科)・准教授

専門: 金属材料組織学
一言: 原子分解能ホログラフィーだからこそ明らかにできる原子配列や格子欠陥の構造解析に挑戦します.
URL: http://www.mech.utsunomiya-u.ac.jp/microstruct/

A04 光誘起ドーピングされたトポロジカル絶縁体のデバイス応用探索  

 

坂本 一之
千葉大学・大学院工学研究院・教授

専門: 表面物理学、特に固体表面上に作成した低次元構造体の物性研究
一言:スピン・角度分解光電子分光、走査トンネル顕微鏡、光電子回折などを用いて研究しています。
URL: http://surfnanophys.adv.chiba-u.jp/Welcome.html

A04 原子レベル構造制御による垂直磁気異方性を持つ3d遷移金属酸化物の開発

 

菅 大介
京都大学・化学研究所・准教授

専門: 固体化学、材料科学(主に遷移金属酸化物)
一言:遷移金属酸化物の構造を原子レベルで制御することで新機能の発現を目指します。
URL:http://www.scl.kyoto-u.ac.jp/~shimakgr/index.html
       http://rdb.kuicr.kyoto-u.ac.jp/researchers/view/kan+daisuke


A04 IV族半導体中磁性不純物の2次元構造創成とスピン注入電極への応用   

 

三木 一司
兵庫県立大学・工学研究科・教授

専門: シリコン系結晶成長・評価
一言:最近、重金属をシリコン結晶中にドーピングして局所電子状態を使った応用を目指しています。「3D活性サイト」では結晶中の構造を3Dイメージング化して、この研究を加速したいと思っています。
URL:

A04 活性サイト解析による導電性ダイヤモンドの合成プロセス最適化
 

加藤 有香子
産総研・研究員

専門: 結晶評価、ダイヤモンド
一言:次世代電子デバイスとしての実用化を目指して、ダイヤモンド研究に取り組んでいます。
URL: