公募班 H27-28年度


A01 サイズ・組成を原子精度で制御した担持金属クラスターの3D構造とその触媒作用の解明

 


山添 誠司
東大理・助教

A01 Ta系酸窒化物強誘電体の活性サイトとしてのTaO4N2八面体の構造解明 
 


廣瀬 靖
東大理・助教

A01 異種金属上に形成した貴金属超薄層触媒の構築過程の追跡とその3D活性サイトの探索 


 


近藤 敏啓
お茶の水女子大学・教授

A01 金属ドープタンタル酸塩光触媒の活性サイト科学:3D解析を可能にする試料調製
 


大西 洋
神戸大学・教授


A01 ドープ原子ホログラフィーによる高臨界温度鉄系超伝導体の設計と創成
 


工藤 一貴
岡山大学・准教授

A01 革新的有機光エレクトロニクスに向けた有機半導体の3D活性サイト材料科学 
 


安田 琢麿
九州大学・教授


A01 蛍光X線ホログラフィーによる酸化ヌクレオチド加水分解酵素の活性サイトの観測 

 

中村 照也
熊本大学・助教

専門:構造生物学,蛋白質結晶学
一言:蛍光X線ホログラフィーによって酵素活性サイト構造の解明に挑戦します.


A01 半導体量子細線成長における金属触媒の機能の原子レベルでの解明
 


高橋 正光
独立行政法人日本原子力研究開発機構・研究員


A02 トポロジカル絶縁体への新奇光誘起ドーピング機構の解明
 


坂本 一之
千葉大学・教授


A02 Time-resolved observation of surface and interface structures

 


VOEGELI Wolfgang
東京学芸大学・助教


A02 SPring-8オンライン赤外分光光度計の開発とバイオ活性サイトの反応過渡種計測

 

久保 稔
国立研究開発法人理化学研究所・専任研究員

専門:生物物理学、時間分解振動分光学
一言:ホログラフィー等いろいろな手法を導入しながら、生体分子科学研究を楽しみたいと思います。
URL:
http://www.riken.jp/biometal/index.htm


A03 超大規模第一原理計算による担体上金属ナノ粒子触媒における活性サイトの研究

 

中田 彩子

国立研究開発法人物質・材料研究機構・国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)・主任研究員

専門: 量子化学、大規模第一原理計算
一言: 大規模モデルを用いた第一原理計算によって活性サイトの構造・電子状態の解明を目指します。
URL: 

A04 高比強度・低弾性率を両立する構造・生体用チタン合金の添加元素近傍局所原子構造
 

山本 篤史郎
宇都宮大学・准教授

専門: 金属材料学
一言:
URL: http://malt.mech.utsunomiya-u.ac.jp/toku_lab/

A04 高性能ガスセンサー実現のための活性表面の作製と評価
 


鈴木 拓
国立研究開発法人物質・材料研究機構


A04 ドーパントによるワイドギャップ材料の機能化機構の解明
 


加藤 有香子
国立研究開発法人産業技術総合研究所・研究員