理論班 A03 計画研究11 分子動力学理論

研究概要

金属タンパク質のもつ優れた触媒特性や活性サイトの多機能性の理解と応用 を目的として、精緻な「3D活性サイト」の情報をもとに様々な分子シミュレーショ ンによりその機能発現に必要な要素を抽出し、新規機能性物質のデザインを行う。

【課題1】3D活性サイトの分子構造・電子状態の精緻化 

反応過程での中間体構造の同定が不完全な光合成光化学系 II (PSII) の「3D活性サイ ト」(Mn クラスター)の分子構造や電子状態の精緻化を手法班 A02 と連携して行う。

【課題2】金属タンパク質の機能発現要素の抽出

活性サイトの多機能性をもつヘムタンパク質や優れた触媒特性をもつ Mn クラスター の空間・時間変化を調べ、機能発現要素を抽出する。さらに理論班 A03 の無機・有機 触媒の反応機構と比較し、触媒での「タンパク場」の本質を浮き彫りにする。

【課題3】抽出された機能発現要素を用いた物質デザイン

抽出された機能発現に必要な要素をもとに、試料班A01と連携してタンパク質にこだわらず機能の本質を利用した機能性物質のデザインを行う。

研究組織
研究代表者
 

鷹野 優    広島市大情報科学・教授

専門:計算生命科学、計算化学、生物物理学
一言:分子シミュレーションにより金属タンパク質の機能発現のメカニズム を調べてます。
URL:http://www.bio.info.hiroshima-cu.ac.jp/ (研究室)
       https://sites.google.com/site/yutakano74/ (個人)

     
研究分担者
 

石北 央    東大先端研・教授

専門:生物物理
一言:蛋白質におけるプロトン移動、電子移動
URL:http://www.protein.rcast.u-tokyo.ac.jp/


 

     
連携研究者

 

米澤康滋    近大先端研・教授

専門:
一言:


 

倭 剛久    名大院理・准教授

専門:
一言:


 

重田育照    筑波大計算科学・教授

専門:
一言:


 

神谷克政    神奈川工大基礎・教養・准教授

専門:
一言:


 

庄司光男    筑波大計算科学・助教

専門:
一言: