試料班 A01 計画研究03 有機デバイス材料

研究概要

有機電子材料の開発や有機半導体デバイスの高度化、新規超伝導体創成に重要な「有機ナノ結晶・有機デバイスの界面科学の構築」を課題とし研究を推進する。

【課題1】結晶成長・界面制御:表面・界面ホログラフィーと光電子ホログラフィー 

前駆体法・蒸着による有機結晶薄膜構造制御を行い、結晶構造とトランジスタ特性の 相関を明らかにするとともに、結晶成長過程を原子レベルで追跡する。界面制御によ り生まれる接触抵抗低減などが起こる機構をホログラフィーによって解明する。また 手法・理論・応用班との情報交換によりテーラーメードの有機材料を提供する。

【課題2】化学ドーピング:ドープ原子ホログラフィー

超伝導を発現する金属ドープ炭化水素超伝導体や 2 次元層状物質の金属原子配置を 3 次元可視化技術で精密に確定し、金属原子配置と超伝導の関係を明らかにする。

【課題3】EDL による物性制御:表面・界面ホログラフィー 

電気二重層界面における電界誘起超伝導を含む電界誘起相転移現象の発現に向けて、 界面構造を原子レベルで追跡するとともに、界面の設計指針を明らかにする。

研究組織

研究代表者
 

 
山田容子    奈良先端大物質創成・教授

専門:機能性有機化学、有機光化学
一言:有機薄膜太陽電池やナノリボン合成など機能性有機材料の開発研究をしています。
URL:http://mswebs.naist.jp/LABs/env_photo_greenmat/Yamada_Research_Group/index.html

     
研究分担者
 

久保園芳博    岡山大自然科学・教授

専門:
一言:

 

笠原裕一
    東大工・助教

専門:
一言:

     
連携研究者

 

岩佐義宏    東大工・教授

専門:
一言:

 

吉信淳    東大物性研・教授

専門:表面科学
一言:
URL:http://yoshinobu.issp.u-tokyo.ac.jp/index.html

 

江口律子    岡山大自然科学・助教

専門:
一言:


 

葛原大軌    奈良先端大物質創成・助教

専門:
一言:


 

鈴木充朗   奈良先端大物質創成・助教

専門:
一言:


 

林 宏暢    奈良先端大物質創成・特任助教

専門:
一言: