総括班 X00

研究概要

 機能性材料では、母物質中のドーパント界面、そしてナノ物質等の局所的で構造が未だに決定されていない「3D活性サイト」が機能発現の重要な役割を担っている。

1)我が国が誇る3D原子イメージング法を「3D活性サイト」構造決定に適用し、第一原理計算も駆使し、「3D活性サイト」の機能性を明らかにする。

2)困難とされたソフト・バイオ系マテリアル計測や、触媒反応等での高速時分割計測を開発・ 実践する。

3)得られた情報を一元化し、活性サイト原子構造データベースを構築する。 

4)タンパク質分子、有機太陽電池、触媒、スピントロニクス材料等の多くの機能性材料に対して、「3D活性サイト」の役割を深いレベルで理解し、全く新しい材料創製 への知見を世界に提供する。

これらの目標を高いレベルで達成するために、総括班は、 SPring-8 に共通基盤装置を建設・運営して高度な実験環境を整えるとともに、統合的 な領域マネージメントを行う
 幅広い本学術領域の運営を効率的に進めるために、下記の運営組織を設ける。(14/08/09 キックオフミーティング総括班会議にて決定。)

「研究戦略策定」、
「若手育成」、
「大型実験施設コ ーディネート」
「広報活動」


SPring-8 における共通基盤装置である3D原子 イメージング装置の建設・運営を行う。また「国内・海外アドバ イザー」も設け、適宜に評価を行う。


運営組織


領域全体総括

大門 寛
奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 教授

研究戦略策定会議
リーダー 佐々木 裕次
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
高橋 敏男
東京学芸大学基礎自然科学講座 研究員
筒井 一生
東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授
森川 良忠
大阪大学大学院工学研究科 教授
林 好一
名古屋工業大学 大学院工学研究科 教授
野村 琴広
首都大学東京大学院理工学研究科 教授
郷原 一寿
北海道大学大学院工学研究院 教授
若手育成
リーダー 山田 容子
奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 教授
若林 裕助
大阪大学大学院基礎工学研究科・准教授
福村 知昭
東北大学大学院理学研究科 教授
大型実験施設コーディネート
リーダー
木下 豊彦
JASRI/SPring-8 利用促進研究部門 主席研究員
田尻 寛男
JASRI/SPring-8 利用促進研究部門 研究員
大山 研司
茨城大学大学院理工学研究科 教授
室 隆桂之
JASRI/SPring-8 利用促進研究部門 主幹研究員
広報
リーダー
松下 智裕
JASRI/SPring-8 制御・情報部門 副主席研究員
鷹野 優
広島市立大学基礎自然科学講座 教授
小林 伸彦
筑波大学数理物質系・准教授
連携

松井 文彦
奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 准教授
細川 伸也
熊本大学自然科学研究科 教授
事務局
永田 美穂
奈良先端科学技術大学
鳥居  理絵
 奈良先端科学技術大学